日国友の会

パイロトロン

読者カード 項目 2020年09月15日 公開

2018年07月31日 古書人さん投稿

用例:このような方式のほかにステラレータ、パイロトロン、高エネルギー粒子注入方式、カスプなど、種々の方式がある。
『近代電子工学講座 9 近代応用電子工学』 1969年8月5日 工学博士 井上勅夫
語釈:〔名〕(英 pyrotron)核融合研究において「磁気鏡型」ともいわれる方法の一つ。荷電粒子の運動において、荷電粒子の磁気モーメントと磁場の大きさの比が保存量であるため、粒子は磁場が急に強くなった領域から反射される傾向をもつ。この効果を利用して荷電粒子を反射させるものを磁気鏡という。〔cf.『原子力白書』(1961)、研究社『理化学英和辞典』@JapanKnowledge"magnetic mirror"〕

コメント:取り敢えず

編集部:第2版では、立項されませんでした。

著書・作品名:近代電子工学講座 9 近代応用電子工学

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1969年8月5日

著者・作者:工学博士 井上勅夫

掲載ページなど:219ページ

発行元:電気書院