日国友の会

きえ【帰依】

読者カード 用例 2021年02月23日 公開

2018年08月27日 古書人さん投稿

用例:且後来人々が挙て同一の教(をしえ)に帰依(キヱ)するの時来らんと古書に見ゆと
『聖フランセスコザベリヨ書翰記 上巻』 1891年11月16日 著作兼発行者 浅井乕八郎
語釈:〔名〕神仏や高僧を深く信仰し、その教えに従い、その威徳を仰ぐこと。帰信。

コメント:和文例がないので

編集部:第2版では、上代から中世までの国書から4例が引かれ、仏典の例が添えられていますが、確例は『曽我物語』(南北朝頃)のみとなっています。近代の例としても補っておきたいところです。

著書・作品名:聖フランセスコザベリヨ書翰記 上巻

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1891年11月16日

著者・作者:著作兼発行者 浅井乕八郎

掲載ページなど:436ページ

発行元:著作兼発行者 浅井乕八郎