日国友の会

ロザリオ

読者カード 用例 2021年02月23日 公開

2018年08月31日 古書人さん投稿

用例:ソハ此小児等が常に我身に属する一物即ち念珠(ロザリヨ)又ハ遺物匣若くハ十字架の聖像等を手に携えて教誨の祈祷を誦え
『聖フランセスコザベリヨ書翰記 上巻』 1891年11月16日 著作兼発行者 浅井乕八郎
語釈:〔名〕(ポルトガル rosário)《ロザリヨ・ロザイロ》キリスト教、ローマ‐カトリック教徒が祈りを数えるために用いる数珠(じゅず)のようなもの。

コメント:「ロザリヨ」の確例です

編集部:第2版では、『どちりなきりしたん』(1600)の例が早く、語形「ロザリヨ」の例は明治初頭のベルナルト・プチジアンの例に見えますが、ご紹介いただいた例は「念珠」に「ロザリヨ」の読みを付しているところが貴重ですね。

著書・作品名:聖フランセスコザベリヨ書翰記 上巻

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1891年11月16日

著者・作者:著作兼発行者 浅井乕八郎

掲載ページなど:463ページ後ろから5行目

発行元:著作兼発行者 浅井乕八郎