日国友の会

けいけんろん【経験論】

読者カード 用例 2021年04月05日 公開

2018年09月09日 古書人さん投稿

用例:以上試みられた経験論は、凡ての場合に価値多きものである。
『「視覚的人間」及び「映画の哲学」に対するS・クラカウエルの批評(映画評論(第5巻6号)より)』 1928年11月28日 稲垣一穂訳述
語釈:〔名〕(2)過去の経験を重視した立場で行なう議論、見解。

コメント:解釈2の初事例です

編集部:第2版では、用例を添えることができませんでした。

著書・作品名:「視覚的人間」及び「映画の哲学」に対するS・クラカウエルの批評(映画評論(第5巻6号)より)

媒体形式:雑誌

刊行年(月日):1928年11月28日

著者・作者:稲垣一穂訳述

掲載ページなど:491ページ

発行元:映画評論社