日国友の会

カメラワーク

読者カード 用例 2021年04月13日 公開

2018年09月12日 古書人さん投稿

用例:撮影にあってはカメラの扱ひ方即ちカメラ・ワークとも云ふべきもの、減増にあっては普通寫眞に比して特に重要性を帯びた技術と解釈するこのが出来る。
『活動寫眞の基礎的技術(「映画評論 カメラ研究」(第6巻4号)より)』 1929年4月1日 長濱慶三
語釈:〔名〕(英 camera work)映画、テレビで被写体をうつす際のカメラの動かしかた。

コメント:取り敢えず

編集部:第2版では、喜多壮一郎『モダン用語辞典』(1930)の例が早いのですが、さらに、1年さかのぼることになります。

著書・作品名:活動寫眞の基礎的技術(「映画評論 カメラ研究」(第6巻4号)より)

媒体形式:雑誌

刊行年(月日):1929年4月1日

著者・作者:長濱慶三

掲載ページなど:319ページ

発行元:映画評論社