日国友の会

ぼけ【暈】

読者カード 語釈 2021年05月03日 公開

2018年09月16日 古書人さん投稿

用例:この場合のキャメラ技巧として画面は漸進的にピントがボケて豫期の効果を現すものであって、一時的に教則なボケ方をしたのでは効果が多くあがらない。
『『キャメラマン』思考記録(「映画評論 カメラ研究」(第6巻4号)より)』 1929年4月1日 伊佐山三郎
語釈:〔名〕色が薄れてはっきりしなくなったり、物の輪郭や事実があいまいになること。ぼやけること。

コメント:取り敢えず

編集部:第2版では、知覚が鈍くなる、ぼんやりする意味のバリエーションで、対象側のこの意味には言及されていませんね。

著書・作品名:『キャメラマン』思考記録(「映画評論 カメラ研究」(第6巻4号)より)

媒体形式:雑誌

刊行年(月日):1929年4月1日

著者・作者:伊佐山三郎

掲載ページなど:340ページ

発行元:映画評論社