日国友の会

レンブラントライト

読者カード 項目 2021年05月03日 公開

2018年09月16日 古書人さん投稿

用例:然し、四十五度のレンブラント・ライトは認める。
『『キャメラマン』思考記録(「映画評論 カメラ研究」(第6巻4号)より)』 1929年4月1日 伊佐山三郎
語釈:〔名〕ポートレート撮影におけるライティング技法の一。17世紀オランダの画家、レンブラントの独特な明暗法を写真撮影に応用したもの。モデルの斜め後ろから半逆光の照明を当てることにより、立体感を印象深く強調できる。(「デジタル大辞泉」"レンブラントライティング"より)

コメント:取り敢えず

編集部:第2版では、立項されませんでした。

著書・作品名:『キャメラマン』思考記録(「映画評論 カメラ研究」(第6巻4号)より)

媒体形式:雑誌

刊行年(月日):1929年4月1日

著者・作者:伊佐山三郎

掲載ページなど:340ページ

発行元:映画評論社