日国友の会

おおごまだら【大胡麻斑蝶】

読者カード 用例 2018年11月09日 公開

2018年09月25日 ねじり草さん投稿

用例:だんだら模様のばかでかい蝶が現われた。マダラチョウの中でももっとも大きなオオゴマダラである。ふわりふわりと夢のように漂ってゆく。
『どくとるマンボウ昆虫記』 1961年 北杜夫
語釈:〔名〕マダラチョウ科の大形のチョウ。はねの開張約一三センチメートルで日本産マダラチョウの最大種。はねは白色で、翅脈(しみゃく)と縁と散在する斑紋は黒色。幼虫はキョウチクトウ科のホウライカガミを食草とする。東南アジアに広く分布し、日本では南西諸島に分布し、林間をゆるやかに飛ぶのが見られる。学名はIdea leuconoe

コメント:用例がなかったので。

編集部:第2版では、用例が入りませんでした。

著書・作品名:どくとるマンボウ昆虫記

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1961年

著者・作者:北杜夫

掲載ページなど:114ページ〔北杜夫『どくとるマンボウ昆虫記・どくとるマンボウ小辞典』中央公論社、1977〕

発行元:新潮社