日国友の会

アイリスアウト

読者カード 用例 2021年06月09日 公開

2018年10月01日 古書人さん投稿

用例:従って、特にアイリス・アウトの場合、アイリスの展開して行く中間はとかく無意義の存在となり易く、
『コンティニュイティとシネマのリズム(四)(「映画評論 現代映画研究」(第6巻6号)より)』 1929年6月1日 関野嘉雄
語釈:〔名〕(英 iris-out)映画で、画面が周囲から中央の一点に向かって絞られてくる技法。ニュースや漫画映画などでよく用いる。絞り閉じ。←→アイリスイン。

コメント:取り敢えず

編集部:第2版では、喜多壮一郎『モダン用語辞典』(1930)の例が添えられていますが、さらに、1年さかのぼることになります。

著書・作品名:コンティニュイティとシネマのリズム(四)(「映画評論 現代映画研究」(第6巻6号)より)

媒体形式:雑誌

刊行年(月日):1929年6月1日

著者・作者:関野嘉雄

掲載ページなど:567ページ

発行元:映画評論社