日国友の会

デイゾルブ

読者カード 項目 2021年06月09日 公開

2018年10月01日 古書人さん投稿

用例:オーヴアラップ或ひはデイゾルヴは、いふまでもなく、フェイド・アウトとフェイド・インとを重ね合したのもである。
『コンティニュイティとシネマのリズム(四)(「映画評論 現代映画研究」(第6巻6号)より)』 1929年6月1日 関野嘉雄
語釈:〔名〕(英 dissolve)「オーバーラップ」に同じ。

コメント:取り敢えず

編集部:第2版では、この語形では立項されませんでした。ちなみに、「オーバーラップ」の語釈は「映画の技法の一つ。一つの場面をいったん写した上に、さらに別の場面を重ねて写すこと。おもに、回想・幻想の場面などに用いられる。二重写し。」となっています。

著書・作品名:コンティニュイティとシネマのリズム(四)(「映画評論 現代映画研究」(第6巻6号)より)

媒体形式:雑誌

刊行年(月日):1929年6月1日

著者・作者:関野嘉雄

掲載ページなど:568ページ

発行元:映画評論社