日国友の会

にちじょうてき【日常的】

読者カード 用例 2021年06月09日 公開

2018年10月01日 古書人さん投稿

用例:眼の日常的経験と一致しない限りに於て決して消滅しさることはない。
『コンティニュイティとシネマのリズム(四)(「映画評論 現代映画研究」(第6巻6号)より)』 1929年6月1日 関野嘉雄
語釈:〔形動〕毎日のありふれたさま。ふだん、あたり前にくり返されるさま。

コメント:取り敢えず

編集部:第2版では、平野謙『女房的文学論』(1947)の例が早いのですが、さらに、18年さかのぼることになります。

著書・作品名:コンティニュイティとシネマのリズム(四)(「映画評論 現代映画研究」(第6巻6号)より)

媒体形式:雑誌

刊行年(月日):1929年6月1日

著者・作者:関野嘉雄

掲載ページなど:568ページ

発行元:映画評論社