日国友の会

エグゼキューション

読者カード 項目 2021年06月09日 公開

2018年10月01日 古書人さん投稿

用例:カットによる移轉が屡々衝撃的な印象を與へるのは、エクセキューションが悪いためであって、それ自体の缺陥では決してない。
『コンティニュイティとシネマのリズム(四)(「映画評論 現代映画研究」(第6巻6号)より)』 1929年6月1日 関野嘉雄
語釈:〔名〕(英 execution)実施。実行。執行。また、作品の制作。〔cf.『ランダムハウス英和大辞典』@JapanKnowledge〕

コメント:取り敢えず

編集部:第2版では立項されませんでした。

著書・作品名:コンティニュイティとシネマのリズム(四)(「映画評論 現代映画研究」(第6巻6号)より)

媒体形式:雑誌

刊行年(月日):1929年6月1日

著者・作者:関野嘉雄

掲載ページなど:569ページ

発行元:映画評論社