日国友の会

しかくか【視覚化】

読者カード 用例 2021年06月09日 公開

2018年10月02日 古書人さん投稿

用例:劇に於けるダイナミックな契機の曲線、俳優のエネルギイの高揚を視覚化するやうなシインの挿入、すべてこれ等のものは観衆の興奮を高める、
『映画脚本論(四)(「映画評論 現代映画研究」(第6巻6号)より)』 1929年6月1日 ヴェ・ブドフキン著、波多野三夫訳
語釈:〔名〕目に見えない抽象的な事などを、見てわかるような形にして示すこと。

コメント:取り敢えず

編集部:第2版では、用例を添えることができませんでした。

著書・作品名:映画脚本論(四)(「映画評論 現代映画研究」(第6巻6号)より)

媒体形式:雑誌

刊行年(月日):1929年6月1日

著者・作者:ヴェ・ブドフキン著、波多野三夫訳

掲載ページなど:576ページ

発行元:映画評論社