日国友の会

バリケード

読者カード 用例 2021年06月17日 公開

2018年10月03日 古書人さん投稿

用例:極めて管約に云へば、先づ第一に来るのが、君が何れの階級に所属し、バリケードの何れに立つかの問題である。
『時評 啓蒙群雀(一)映画批評家検討(「映画評論 映画技術研究号」(第7巻1号)より)』 1929年7月1日 八田元夫
語釈:〔名〕(英 barricade)戦いの場。〔cf.『ランダムハウス英和大辞典』@JapanKnowledge〕

コメント:比喩的な事例です

編集部:第2版の語釈は「市街戦などの際に、敵の侵入や攻撃を防ぐために、道路などを封鎖してつくる応急の防壁。また、それを用いた戦法。」となっています。

著書・作品名:時評 啓蒙群雀(一)映画批評家検討(「映画評論 映画技術研究号」(第7巻1号)より)

媒体形式:雑誌

刊行年(月日):1929年7月1日

著者・作者:八田元夫

掲載ページなど:2ページ

発行元:映画評論社