日国友の会

カメラポジション

読者カード 用例 2021年06月17日 公開

2018年10月03日 古書人さん投稿

用例:君の批評が、何処のオーバラップは何ミリ長すぎ、此処のカメラ・ポジションが何寸廣すぎ、誰の構図は常に頭がきれすぎ、
『時評 啓蒙群雀(一)映画批評家検討(「映画評論 映画技術研究号」(第7巻1号)より)』 1929年7月1日 八田元夫
語釈:〔名〕(英 camera position)写真、映画等をとる際のカメラの位置。

コメント:取り敢えず

編集部:第2版では、用例を添えることができませんでした。

著書・作品名:時評 啓蒙群雀(一)映画批評家検討(「映画評論 映画技術研究号」(第7巻1号)より)

媒体形式:雑誌

刊行年(月日):1929年7月1日

著者・作者:八田元夫

掲載ページなど:3ページ

発行元:映画評論社