日国友の会

コンビネーション

読者カード 用例 2021年06月17日 公開

2018年10月05日 古書人さん投稿

用例:やがて青島順一郎とのコンビネイションによる氏の第一期躍進時代の二つの代表作『霧の港』と『夜』とを作った。
『溝口健二論(「映画評論 映画技術研究号」(第7巻1号)より)』 1929年7月1日 大塚恭一
語釈:〔名〕(英 combination)(1)事物の取り合わせ、組み合わせのこと。また、チームワークのこと。コンビ。

コメント:解釈1の事例が辞典しかないので

編集部:第2版では、棚橋一郎・鈴木誠一『舶来語便覧』(1912)の例が早いのですが、文例としては尾崎一雄『痩せた雄雞』(1949)よりも20年ほどさかのぼることになります。

著書・作品名:溝口健二論(「映画評論 映画技術研究号」(第7巻1号)より)

媒体形式:雑誌

刊行年(月日):1929年7月1日

著者・作者:大塚恭一

掲載ページなど:11ページ

発行元:映画評論社