日国友の会

ミスキャスト

読者カード 用例 2021年06月17日 公開

2018年10月05日 古書人さん投稿

用例:夏川静江のミスキャストの如きもそうした意味に於てうれしき存在であったと云っても差支あるまい。
『溝口健二論(「映画評論 映画技術研究号」(第7巻1号)より)』 1929年7月1日 大塚恭一
語釈:〔名〕(英 miscast)演劇・映画などで、役の割当を誤ること。役柄に合わない配役。

コメント:遡ります

編集部:第2版では、『古川ロッパ日記』昭和9年(1934)7月27日付け記事の例が早いのですが、さらに、5年さかのぼることになります。

著書・作品名:溝口健二論(「映画評論 映画技術研究号」(第7巻1号)より)

媒体形式:雑誌

刊行年(月日):1929年7月1日

著者・作者:大塚恭一

掲載ページなど:18ページ

発行元:映画評論社