日国友の会

ほんどう【本道】

読者カード 用例 2021年07月23日 公開

2018年10月14日 古書人さん投稿

用例:少しく前を回り本道(ホンダウ)に出で右に行けば第四石門に達する。
『登山必携 山嶽めぐり』 1919年6月25日 石上録之助
語釈:〔名〕(1)中心になる主な道。間道、脇道に対して主となる道。また、江戸時代、幕府が指定し、設備した本街道。ほんみち。

コメント:解釈1の「ほんどう」の確例です

編集部:第2版では、このブランチに中世以来の3例が添えられていますが、いずれも読みがついているわけではありませんね。

著書・作品名:登山必携 山嶽めぐり

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1919年6月25日

著者・作者:石上録之助

掲載ページなど:202ページ2行目

発行元:鈴木書店