日国友の会

ナンセンスコメディ

読者カード 項目 2021年07月19日 公開

2018年10月17日 古書人さん投稿

用例:単なるナンセンスコメディとしての『靴』より幾倍か面白い、
『内田吐夢に期待するもの(「映画評論 映画批評研究」(第7巻2号)より)』 1929年8月1日 大塚恭一
語釈:〔名〕(洋語 nonsense comedy)「ナンセンスきげき(ー喜劇)」に同じ。

コメント:取り敢えず

編集部:第2版では、立項されませんでした。「ナンセンス喜劇」は新項目の候補として、2018年9月4日付けで同書(第5巻6号)からその例をご紹介いただいていますが、語釈は「昭和初期、浅草を中心に発展したモダンな喜劇。当時流行のジャズ、レビュー、ボードビル、ドタバタギャグなどを取り入れて新しい流れを作った。」としています。

著書・作品名:内田吐夢に期待するもの(「映画評論 映画批評研究」(第7巻2号)より)

媒体形式:雑誌

刊行年(月日):1929年8月1日

著者・作者:大塚恭一

掲載ページなど:147ページ

発行元:映画評論社