日国友の会

マネージメント

読者カード 用例 2021年09月13日 公開

2018年11月08日 古書人さん投稿

用例:更に製作のバックとなってゐるスタディオ事務から云へば、マネジメントに関係することだ。
『撮影所中心主義から小型映画運動へ(「映画評論」(第7巻6号)より)』 1929年12月1日 武田忠哉
語釈:〔名〕(英 management)《マネジメント》(1) 経営管理。

コメント:解釈1の事例が辞典しかないので

編集部:第2版では、勝屋英造『外来語辞典』(1914)の例が早いのですが、文例としては、五木寛之『さらばモスクワ愚連隊』(1966)の例よりも、37年さかのぼることになります。

著書・作品名:撮影所中心主義から小型映画運動へ(「映画評論」(第7巻6号)より)

媒体形式:雑誌

刊行年(月日):1929年12月1日

著者・作者:武田忠哉

掲載ページなど:594ページ

発行元:映画評論社