日国友の会

エヌジー【NG】

読者カード 用例 2021年09月13日 公開

2018年11月08日 古書人さん投稿

用例:だから、此の『斬人斬馬劍』で、本が一等よくて、それからは、N・Gで出来た豫告篇であり、
『撮影所中心主義から小型映画運動へ(「映画評論」(第7巻6号)より)』 1929年12月1日 武田忠哉
語釈:〔名〕(洋語 N.G. {英}no good 「不良」の意の略)映画・テレビ番組などで、本番の撮影が、失敗に終わること。また、そのためにむだになったフィルム。

コメント:僅かですが遡ります

編集部:第2版では、『モダン辞典』(1930)の例が早いのですが、さらに、1年さかのぼります。

著書・作品名:撮影所中心主義から小型映画運動へ(「映画評論」(第7巻6号)より)

媒体形式:雑誌

刊行年(月日):1929年12月1日

著者・作者:武田忠哉

掲載ページなど:599ページ

発行元:映画評論社