日国友の会

せいとうせい【正当性】

読者カード 用例 2021年09月13日 公開

2018年11月08日 古書人さん投稿

用例:然しこのことは、諸君が現在するところの映画界への関心(具体的)を拒否することの正当性を断じて理由づけはしないのだ。
『左翼映画論者への言葉(「映画評論」(第7巻6号)より)』 1929年12月1日 赤石修三
語釈:〔名〕法令または社会通念にてらし、正しく道理にかなっていると認められる状態であること。

コメント:遡ります

編集部:第2版では、『破壊活動防止法』(1952)の例が早いのですが、さらに、23年さかのぼることになります。

著書・作品名:左翼映画論者への言葉(「映画評論」(第7巻6号)より)

媒体形式:雑誌

刊行年(月日):1929年12月1日

著者・作者:赤石修三

掲載ページなど:608ページ

発行元:映画評論社