日国友の会

ブランチ

読者カード 用例 2021年09月22日 公開

2018年11月11日 古書人さん投稿

用例:ブドフトキンをば後年彼にもっとも有益であった所の監督術、俳優術、カッチング、撮影法、實際的方面のすべてのブランチにわたってみちびいていたのである。
『ソヴェートの映画 エイゼンシュテインとブドフキン(「映画評論」(第7巻6号)より)』 1929年12月1日 ルイ・ロツオウィク
語釈:〔名〕(英 branch)(2)分科。部門。

コメント:解釈2の初事例です

編集部:第2版では、このブランチに用例を添えることができませんでした。

著書・作品名:ソヴェートの映画 エイゼンシュテインとブドフキン(「映画評論」(第7巻6号)より)

媒体形式:雑誌

刊行年(月日):1929年12月1日

著者・作者:ルイ・ロツオウィク

掲載ページなど:619ページ

発行元:映画評論社