日国友の会

マカロン

読者カード 用例 2018年11月13日 公開

2018年11月13日 ぽんちさん投稿

用例:ノラの食べる菓子を予はマクロンと書いた。それを飴玉と書けと教へて貰った。〈飴玉とマクロン〉
『翻訳について』 1912年1月1日 森鴎外
語釈:〔名〕(フランス macaron)《マコロン》砂糖、卵白、アーモンド粉末で作った、丸くて小さいクッキー。

コメント:2版の例よりも古い。書誌にによれば、底本は『於母影 冬の王 森鴎外全集12』(ちくま文庫)。初出は『帝国文学』1912(明治45)年1月1日。

編集部:第2版では、古川緑波『ロッパ食談』(1955)からの例が添えられていますが、43年さかのぼることになります。ちなみに、引用を続けますと「Almondを入れたMacronは大きいブリキの罐に入れたのが沢山舶来してゐて、青木堂からいつでも買はれる」とあります。異形として「マクロン」も入れた方がよさそうです。

著書・作品名:翻訳について

媒体形式:その他

刊行年(月日):1912年1月1日

著者・作者:森鴎外

掲載ページなど:Kindle版『森鴎外翻訳小説集成』

発行元:古典教養文庫