日国友の会

てんじる【点】

読者カード 用例 2021年09月22日 公開

2018年11月15日 古書人さん投稿

用例:電燈を點じて夜の街を示すのは獨逸式の手法だ。
『『アスファルト』合評記録(「映画評論」(第7巻第6号)より)』 1929年12月1日 寺崎廣載 外9名
語釈:〔他ザ上一〕(サ変動詞「てんずる(点)」の上一段化したもの)「てんずる(点)」に同じ。

コメント:遡ります

編集部:第2版では、吉村昭『水の葬列』(1967)の例が添えられていますが、さらに、38年さかのぼることになります。ちなみに、この「点じる」は「点ずる(8)」にあたり、語釈は「あかりをつける。ともす。火をつける。点火する。」となっています。

著書・作品名:『アスファルト』合評記録(「映画評論」(第7巻第6号)より)

媒体形式:雑誌

刊行年(月日):1929年12月1日

著者・作者:寺崎廣載 外9名

掲載ページなど:639ページ

発行元:映画評論社