日国友の会

りゅうま【龍馬】

読者カード 用例 2021年10月14日 公開

2018年11月26日 古書人さん投稿

用例:銀と龍馬(リウマ)の交換をしては堪らないから後二一馬とよると、
『将棋定跡講義』 1909年12月24日 編輯者 将棋新報社編輯部
語釈:〔名〕「りゅうめ(龍馬)(2) 」の俗称。

コメント:取り敢えず

編集部:第2版では、用例を添えることができませんでした。「りゅうめ(龍馬)(2)」の語釈は「将棋で、角行が敵陣の三段目以内にはいって成ったもの。角行の性能にさらに前後左右に一格ずつ動く性能が加わる。馬。「りゅうま」は俗称」となっています。

著書・作品名:将棋定跡講義

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1909年12月24日

著者・作者:編輯者 将棋新報社編輯部

掲載ページなど:65ページ後ろから6行目

発行元:吉川弘文館