日国友の会

いぎょく【居玉】

読者カード 用例 2021年10月14日 公開

2018年11月26日 古書人さん投稿

用例:且つ居玉(ヰギョク)では十分なる戦ひが出来ないから先六二玉と指す、
『将棋定跡講義』 1909年12月24日 編輯者 将棋新報社編輯部
語釈:〔名〕将棋で、王将が最初の位置から動かすにいること。

コメント:遡ります

編集部:2013年2月11日付けで、古書人さんに、土居市太郎『定跡講義 将棋秘法 駒落の巻』(1924)の例をご紹介いただいていますが、さらに、15年さかのぼることになります。

著書・作品名:将棋定跡講義

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1909年12月24日

著者・作者:編輯者 将棋新報社編輯部

掲載ページなど:69ページ3行目

発行元:吉川弘文館