日国友の会

いしだ【石田】

読者カード 語釈 2021年10月14日 公開

2018年11月27日 古書人さん投稿

用例:先四四歩にて先手方は十分に石田(イシダ)に組(くめ)る手順ありで
『将棋定跡講義』 1909年12月24日 編輯者 将棋新報社編輯部
語釈:〔名〕「いしだりゅう(石田流)」の略。

コメント:取り敢えず

編集部:第2版では、立項されませんでした。ちなみに、「石田流」の語釈は「将棋の駒組の一つ。慶安(一六四八~五二)の頃、盲人棋士石田検校(けんぎょう)の始めたもので、飛車を角行の隣に移し、その筋より飛車、角行協力して攻勢をとるもの。もとは先手の奇襲作戦、現在は後手が用いる」となっています。

著書・作品名:将棋定跡講義

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1909年12月24日

著者・作者:編輯者 将棋新報社編輯部

掲載ページなど:71ページ後ろから1行目

発行元:吉川弘文館