日国友の会

ひっぱりこむ【引張込】

読者カード 語釈 2021年11月25日 公開

2018年12月09日 古書人さん投稿

用例:彼の人も伊勢ノ濱も、能く引張り込むから可ぬ可ぬといふ人があるが、私にいはせると、二人とも引張り込んで宜い敵手だから引張り込むので、決して相撲が拙いのではない。
『南紀人材論』 1914年11月15日 下村 宏
語釈:〔他マ五(四)〕手元に引き寄せて動けなくする。引きつける。

コメント:取り敢えず

編集部:第2版の語釈は「ひっぱって中へ入れる。強引に誘って仲間に加える。」となっています。

著書・作品名:南紀人材論

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1914年11月15日

著者・作者:下村 宏

掲載ページなど:287ページ9行目

発行元:紀伊毎日新聞社