日国友の会

コンスタンティノポリス

読者カード 用例 2019年02月10日 公開

2018年12月24日 ねじり草さん投稿

用例:塵芥の裡をさまよふさま、コンスタンチノポリスにて見たるに似たり。
『埋木』 1890-92年 森鴎外訳
語釈:(ギリシア Konstantinopolis 「コンスタンティヌスの都」の意)トルコのイスタンブールの旧名。三三〇年、ローマ皇帝コンスタンティヌスがここを都に定めて命名。一四五三年、オスマン帝国の首都となり現在名に改称。コンスタンチノープル。

コメント:2008年1月17日に投稿がありますが、さかのぼります。81頁に自明治23年4月至25年4月とあります。

編集部:末広鉄男さんに、『日本家庭大百科事彙』(1928)からの例をご紹介いただいていますが、さらに、38年さかのぼることになります。

著書・作品名:埋木

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1890-92年

著者・作者:森鴎外訳

掲載ページなど:32ページ上段〔『森鴎外全集第八巻』、1971〕

発行元:筑摩書房