日国友の会

いただける【戴・頂】

読者カード 用例 2019年01月11日 公開

2019年01月11日 江東遊民さん投稿

用例:巾着切りの上前をはねなければ三度の御膳が戴けないと、事が極まればかうして、生きてるのも考へ物だ
『坊っちゃん』 1906年 夏目漱石
語釈:〔カ下一〕(「いただく(戴)」の可能動詞)(1)いただくことができる。もらえる。また、飲食することができる。

コメント:2版に例ナシ。

編集部:第2版では、用例が入りませんでした。

著書・作品名:坊っちゃん

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1906年

著者・作者:夏目漱石

掲載ページなど:318ページ、後ろから6行目〔『漱石全集 第二巻』、1966〕

発行元:岩波書店