日国友の会

あくがれ【憧・憬】

読者カード 用例 2019年05月15日 公開

2019年03月01日 ねじり草さん投稿

用例:観察も思想もないあくがれ小説がさういつまで人に飽きられずに居ることが出来やう。
『少女病』 1907年 田山花袋
語釈:〔名〕(動詞「あくがれる」の連用形の名詞化)「あこがれ(憧)」に同じ。

コメント:さかのぼります。24頁に明治40年5月「太陽」とあります。

編集部:第2版では、蒲原有明『有明集』(1908)からの例が早いのですが、さらに、1年さかのぼることになります。

著書・作品名:少女病

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1907年

著者・作者:田山花袋

掲載ページなど:12ページ〔坪内祐三・小谷野敦編『明治の文学 第23巻 田山花袋』、2001〕

発行元:筑摩書房