日国友の会

じんぶつが【人物画】

読者カード 用例 2019年06月11日 公開

2019年03月13日 ねじり草さん投稿

用例:人物画大幅〈略〉眼に入るほどの物善美を尽し
『此ぬし』 1890年 尾崎紅葉
語釈:〔名〕人物を主題として描いた絵画。肖像画、風俗画、歴史画、裸体画などが含まれる。風景画、静物画などに対していう。

コメント:さかのぼります。198頁に明治23年9月春陽堂とあります。

編集部:第2版では、内田魯庵『社会百面相』(1902)からの例が早いのですが、さらに、12年さかのぼることになります。

著書・作品名:此ぬし

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1890年

著者・作者:尾崎紅葉

掲載ページなど:160ページ〔坪内祐三・斎藤美奈子編『明治の文学 第6巻 尾崎紅葉』、2001〕

発行元:筑摩書房