日国友の会

れっぴん【列品】

読者カード 用例 2022年06月22日 公開

2019年03月20日 古書人さん投稿

用例:明治十年内国勧業博覧會規則 第十一條 出品主ハ従来各家所用ノ記號ヲ染抜キタル旗ヲ製シ列品所ヘ掲示スヘシ(以下省略)
『内務卿布達(甲第31号)』 1876年8月9日
語釈:〔名〕並べてある品物。博覧会・博物館などで陳列してある物。陳列品。

コメント:僅かですが遡ります

編集部:第2版では、久米邦武『米欧回覧実記』(1877)の例が早いのですが、さらに、1年さかのぼります。

著書・作品名:内務卿布達(甲第31号)

媒体形式:新聞・広報・官報

刊行年(月日):1876年8月9日

著者・作者:

掲載ページなど:82ページ〔官令全報第一号〕

発行元:弘令社