日国友の会

ふくそうり【副総理】

読者カード 用例 2022年10月01日 公開

2019年04月25日 古書人さん投稿

用例:矢つぎ早に芦田内閣の副総理であった西尾末廣君が持って行かれる。
〔政變楽屋裏の底流〕
『経済雑誌 ダイヤモンド(第36巻第32号)』 1948年10月21日 岩淵辰雄・山浦貫一
語釈:〔名〕内閣総理大臣に事故のあるとき、もしくはその欠けたとき、暫定的に総理大臣の職務を代行する国務大臣の俗称。

コメント:僅かですが遡ります

編集部:2007年3月21日付けで、同雑誌(第37巻第2号、1949)の例をご紹介いただいていますが、さらに、1年さかのぼることになります。

著書・作品名:経済雑誌 ダイヤモンド(第36巻第32号)

媒体形式:雑誌

刊行年(月日):1948年10月21日

著者・作者:岩淵辰雄・山浦貫一

掲載ページなど:10ページ

発行元:ダイヤモンド社