日国友の会

しんぶんしゅうかん【新聞週間】

読者カード 用例 2022年10月01日 公開

2019年04月25日 古書人さん投稿

用例:現在は新聞週間なんだから、こういうことを新聞記者の良識と権威において国民の前にさらけ出して見せるがいいと思う。〔政變楽屋裏の底流〕
『経済雑誌 ダイヤモンド(第36巻第32号)』 1948年10月21日 岩淵辰雄・山浦貫一
語釈:〔名〕日本新聞協会が新聞の公共性や責任などを広く読者に知らせるため、昭和二三年(一九四八)から毎年一〇月に行なっている運動週間。

コメント:取り敢えず

編集部:第2版では、高田保『第2ブラリひょうたん』(1950)の例が添えられていますが、さらに、2年さかのぼることになります。

著書・作品名:経済雑誌 ダイヤモンド(第36巻第32号)

媒体形式:雑誌

刊行年(月日):1948年10月21日

著者・作者:岩淵辰雄・山浦貫一

掲載ページなど:11ページ

発行元:ダイヤモンド社