日国友の会

ちらばす【散ー】

読者カード 用例 2019年05月15日 公開

2019年05月15日 江東遊民さん投稿

用例:先刻裁縫(しごと)をしてゐた時に散(チ)ラバした糸屑を拾って
『彼岸過迄』 1912年 夏目漱石
語釈:〔他サ五(四)〕散らばるようにする。散らかす。

コメント:2版に例なし。

編集部:第2版では、用例が入りませんでした。

著書・作品名:彼岸過迄

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1912年

著者・作者:夏目漱石

掲載ページなど:87ページ2行目〔『漱石全集 第五巻』、1966〕

発行元:岩波書店