日国友の会

しんそりこ【進蘇利古】

読者カード 用例 2022年11月23日 公開

2019年05月18日 古書人さん投稿

用例:進蘇利古。しむそりこ。拍子十二。はやき楽なり。退出音聲これをす。〔上〕
『龍鳴抄』 1133年
語釈:雅楽の高麗壱越(いちこつ)調の一つ。そりこ。

コメント:進蘇利古と蘇利古が全く同一なものかどうか確認できませんでしたが、取り敢えず

編集部:第2版では、『拾芥抄』(13-14C)の例が早いのですが、さかのぼります。ちなみに、第二版では、大槻如電『舞楽図説』(1905)の用例をもとに、進蘇利古と蘇利古を同一のものとみなし、言い換えています。

著書・作品名:龍鳴抄

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1133年

著者・作者:

掲載ページなど:45ページ下段9行目(「群書類従」(第十九輯)巻第342 管弦部二、2002)

発行元:続群書類従刊行会