日国友の会

りょうぎん【龍吟】

読者カード 用例 2022年11月23日 公開

2019年05月19日 古書人さん投稿

用例:龍のないてうみにいりしに。またこのこゑをきかばやとこひわびしきほどに。竹をうちきりてふきたり。こゑにたりき。はじめはあないつつをゑりたりき。のちにななつになす。是が故に笛をば龍鳴といふ。また龍吟ともかく。同じ心なり。〔上〕
『龍鳴抄』 1133年
語釈:〔名〕(2)「りゅうてき(龍笛)」に同じ。

コメント:解釈2の初事例です

編集部:「りゅうぎん」の例としてご投稿いただいていますが、「りょうめい」に合わせて「りょうぎん」に寄せておきます。第2版では、『続教訓抄』(14C前か)の例が添えられていますが、確実にさかのぼります。ちなみに、「龍笛」の語釈は「笛の一種。雅楽で用いる横笛。また、笛の美称。りょうてき。りょうぎん」となっています。

著書・作品名:龍鳴抄

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1133年

著者・作者:

掲載ページなど:47ページ上段後ろから6行目(「群書類従」(第十九輯)巻第342 管弦部二、2002)

発行元:続群書類従刊行会