日国友の会

りょうざい【料材】

読者カード 用例 2019年07月11日 公開

2019年06月01日 若桜木虔さん投稿

用例:仰阿波。讃岐。伊予三国。令進造山埼橋料材。〈延暦三年(784)七月癸酉〉
『続日本紀』 784年 菅野真道、秋篠安人、中科巨都雄
語釈:〔名〕建築などに必要な材木。また、ある目的で必要とする材料。

コメント:

編集部:第2版では、『儀式』(872)からの例が早く、漢籍の例は引かれていません。諸橋『大漢和辞典』にも見出しはあれど例引かず。

著書・作品名:続日本紀

媒体形式:その他

刊行年(月日):784年

著者・作者:菅野真道、秋篠安人、中科巨都雄

掲載ページなど:

発行元: