日国友の会

しょうあい【鍾愛】

読者カード 用例 2019年08月14日 公開

2019年06月05日 若桜木虔さん投稿

用例:无品常康親王落髮爲僧。親王者。先皇第七子也。母紀氏。少而沈敏。風情可察。先皇諸子之中。特所鍾愛。〈仁寿元年(851)二月丙寅〉
『日本文徳天皇実録』 851年 藤原基経・菅原是善・都良香ら
語釈:〔名〕(「鍾」はあつめる意)大事にしてかわいがること。深く愛すること。

コメント:

編集部:第2版では、『十巻本和名類聚抄』(934)の例が早く、漢籍は『陳書』から引いています。

著書・作品名:日本文徳天皇実録

媒体形式:その他

刊行年(月日):851年

著者・作者:藤原基経・菅原是善・都良香ら

掲載ページなど:473ページ1行目〔『国史大系 第3巻』、1897-1901〕

発行元:経済雑誌社