日国友の会

どっぽ【独歩】

読者カード 用例 2019年09月11日 公開

2019年06月07日 若桜木虔さん投稿

用例:真野麻呂暦術独歩。能襲祖業。〈天安元年(857)正月丙辰〉
『日本文徳天皇実録』 857年 藤原基経・菅原是善・都良香ら
語釈:〔名〕(「どくほ」「とっぽ」とも)(2)他に比べるものがないほど優れていること。卓越していること。

コメント:

編集部:第2版では、『古今和歌集』(905-914)の真名序例が早く、漢籍は『後漢書』から引いています。

著書・作品名:日本文徳天皇実録

媒体形式:その他

刊行年(月日):857年

著者・作者:藤原基経・菅原是善・都良香ら

掲載ページなど:542ページ7行目〔『国史大系 第3巻』、1897-1901〕

発行元:経済雑誌社