日国友の会

ひらて【平手】

読者カード 用例 2019年11月08日 公開

2019年07月02日 ねじり草さん投稿

用例:今までは稽古のために香落平手交りに指したるところを
『将棋雑話』 1901年 幸田露伴
語釈:〔名〕(2)将棋で、どちらも駒を落とさないで対等の条件でさすこと。また、将棋の技量が互角であること。対馬(たいま)。←→駒落ち。

コメント:2018年4月9日に投稿しましたが、さかのぼる用例がありました。589頁に「太陽」の明治34年1月号・3月号に28まで載り、とあります。

編集部:菊池寛『将棋の話』(1920)の例をご紹介いただいていますが、更に、19年さかのぼります。

著書・作品名:将棋雑話

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1901年

著者・作者:幸田露伴

掲載ページなど:220ページ〔『露伴全集 第十五巻』、1952〕

発行元:岩波書店