日国友の会

がんかい【眼界】

読者カード 用例 2019年11月08日 公開

2019年08月24日 若桜木虔さん投稿

用例:〔一〇・隔花遙勧酒詩序〈菅原輔昭〉〕出濃粧、出繁艶、愁眉忽展眼界之春、穿宿雪穿暖霞、俗骨欲倒酔郷之月。
『本朝文粋』 1060頃年 藤原明衡
語釈:〔名〕(1)目に見えるかぎりの空間。見える範囲。視界。

コメント:

編集部:第2版では、『本朝無題詩』(1162-64頃)の例が早く、漢籍は王維『青龍寺曇壁上人院集詩』の例が添えられています。

著書・作品名:本朝文粋

媒体形式:その他

刊行年(月日):1060頃年

著者・作者:藤原明衡

掲載ページなど:301ページ上段後ろから5行目〔『新日本古典文学大系27』、1992〕

発行元:岩波書店