日国友の会

あくごう【悪業】

読者カード 用例 2019年11月08日 公開

2019年08月24日 若桜木虔さん投稿

用例:〔一四・為左大臣息女女御四十九日願文〈大江朝綱〉〕追悔前生、造何悪業、更迨今世、受此苦悩。
『本朝文粋』 1060頃年 藤原明衡
語釈:〔名〕仏語。苦果を招く原因となる、身、口(く)、意による悪い行為。また、前世の悪事。←→善業。

コメント:

編集部:第2版では、『狭衣物語』(1069-77頃か)の例が早く、仏典は『大智度論』が引かれています。

著書・作品名:本朝文粋

媒体形式:その他

刊行年(月日):1060頃年

著者・作者:藤原明衡

掲載ページなど:370ページ上段後ろから4行目〔『新日本古典文学大系27』、1992〕

発行元:岩波書店