日国友の会

きこうし【貴公子】

読者カード 用例 2020年03月17日 公開

2019年09月21日 若桜木虔さん投稿

用例:〔〕八・山晴秋望多詩序〈藤原惟成〉〕
暨于談玄之席漏艾、挙白之杯酔闌、安公語座客、雖洛陽城貴公子、到此地者万数、未有決童蒙於幼智之水、抜神聴於群英之林。
『本朝文粋』 1060頃年 藤原明衡
語釈:〔名〕(1)身分の高い家の男子。貴族の子弟。きんだち。

コメント:

編集部:第2版では、『四河入海』(17C前)の例が早く、漢籍は『史記』から引かれています。

著書・作品名:本朝文粋

媒体形式:その他

刊行年(月日):1060頃年

著者・作者:藤原明衡

掲載ページなど:266ページ上段2行目〔『新日本古典文学大系27』、1992〕

発行元:岩波書店