日国友の会

えんすい【淵水】

読者カード 用例 2020年06月27日 公開

2019年10月20日 若桜木虔さん投稿

用例:〔四・為昭宣公辞摂政第一表〈菅原道真〉〕
臣非常受寄之時、今上何明徳於四海。蹇驢既疲坦途、況雲巌不知遠近乎。短檝無利夷浪、況淵水不測辺涯乎。
『本朝文粋』 1060頃年 藤原明衡
語釈:〔名〕ふちの水。

コメント:

編集部:第2版では、『源平盛衰記』(14C前)の例が早く、漢籍は『書経』から引かれています。

著書・作品名:本朝文粋

媒体形式:その他

刊行年(月日):1060頃年

著者・作者:藤原明衡

掲載ページなど:179ページ下段後ろから3行目〔『新日本古典文学大系27』、1992〕

発行元:岩波書店