日国友の会

ローカル

読者カード 用例 2020年06月18日 公開

2020年01月02日 ねじり草さん投稿

用例:欧州の作者が所謂ローカル・トーンを写さんとするの用意からであらうか
『「破戒」評』 1906年 島村抱月
語釈:(二)〔語素〕地方の、一地方に限った、また、ある土地に特有の、などの意で複合語をつくる。「ローカルカラー」「ローカル版」「ローカル線」など。

コメント:2014年10月28日に投稿がありますが、さかのぼります。34頁に明治39年5月「早稲田文学」とあります。

編集部:古書人さんに、福田雅之助『ローンテニス』(1926)の例をご紹介いただいていますが、さらに、20年さかのぼります。

著書・作品名:「破戒」評

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1906年

著者・作者:島村抱月

掲載ページなど:34ページ上段8行目〔『明治文学全集43 島村抱月 長谷川天渓 片上天弦 相馬御風集』、1967〕

発行元:筑摩書房