日国友の会

シソーラス

読者カード 用例 2020年01月14日 公開

2020年01月13日 ぽんちさん投稿

用例:明治大正以降の類語辞典も、語彙の蒐集は進んだが、意義の相違を指摘するには至らず、欧米語の同義語辞典・シソォラスに較べて著しく遜色がある。
『三代の辞書-国語辞書百年小史』 1967年4月 山田忠雄
語釈:〔名〕(英 thesaurus もとは「倉」の意)(1)分類体辞典をさしていう。中国の「爾雅」や日本の「和名類聚抄」がこれにあたる。

コメント:投稿例よりもさかのぼります。

編集部:2019年9月16日付けで、ねじり草さんに、加藤秀俊『自己表現』(1970)の例をご紹介いただいていますが、さらに、3年さかのぼります。

著書・作品名:三代の辞書-国語辞書百年小史

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1967年4月

著者・作者:山田忠雄

掲載ページなど:31ページ

発行元:三省堂