日国友の会

どんこつ【鈍骨】

松井カード 用例 2020年03月16日 公開

2020年03月16日 江東遊民さん投稿

用例:どん骨(コツ)め、伸びあがって見とれといふとるのになんぼ云うても判らん奴ぢゃ、えい、どん骨め!
『仙酔島』 1944年 島村利正
語釈:〔名〕(形動)にぶい骨柄。性骨のにぶいこと。また、その人やそのさま。鈍根。

コメント:2版に例なし。

編集部:2008年4月7日付けで、収集堂さんに、武者小路実篤『真理先生』(1949-50)の例をご紹介いただいていますが、さらに、6年さかのぼります。

著書・作品名:仙酔島

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1944年

著者・作者:島村利正

掲載ページなど:401ページ下段14行目〔『現代日本文学全集87』、1961〕

発行元:筑摩書房